やわらか頭してますか?

by hardhead
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31


原爆ドーム
…の近くのインターネット・カフェのリクライニング席で一晩を過ごしてみたが、テントの方が熟睡できるね。雨などの際の退避シェルターとしては使えるかな。


e0075744_19461240.jpge0075744_19462423.jpg朝一で平和記念資料館へ行ってみる。原爆投下に至る経緯や、その被害の凄まじさを訴えかけられる。一瞬のうちに焦土と化した広島。特に子供に関わる展示品をみるのが辛かった…。


e0075744_1947587.jpgR2添いにお好み焼き屋を見つけ、朝昼兼用でダブルそば肉玉を注文。腹を満たしたところで厳島神社に向け進路をとる。フェリーで宮島へ。修学旅行らしき集団で溢れかえってた。


e0075744_19472781.jpg岩国では錦帯橋を見にみる。先の台風で崩れた錦帯橋だが、きちんと復元されてた。通行料(入場料)をとられるので橋自体は渡らず。


今夜は徳山の友人宅にお世話になる予定で、岩国から徳山までは海沿いの道を選ぼうと思ってたんだけど、TA2くんから"旅の心得"として、「あえて山道の2号線オンリーで行くべし!」という指令が届いた。それによれば、山頂をすぎた所においしいうどんが待っているらしい…。それが"旅の心得"ならば行かねば、と勇猛果敢に漕ぎ始める。が、越えても越えても目前に現われる山…。脇をかすめていくダンプカーたち…(中国高速道が一部不通で、どの車も下道を走ってた)。日も暮れ始め、視界が悪くなるなかの夜間走行…。もう今日はこれ以上無理かな?と思い、ドライブインで休憩中の人にあとどれぐらい峠が続くが訊いてみたところ、大きな峠はもうないとのこと。この言葉に勇気付けられ、先に進むことにした。幸い周南市に入ったあたりから、路肩も広なり、街灯も現れだしたので夜間走行可能だった。


e0075744_19475375.jpg無事、徳山で友人HKくんと合流でき、彼のお宅でシャワー&洗濯させてもらったあと、牛角で焼肉までゴチになってしまいました。HKくん、ありがと。折角ひいてくれた布団使わずに、居間でくたばってしまい、ゴメンね。
[PR]
# by hardhead | 2005-10-21 23:57 | 自転車
肌寒さで
e0075744_2373682.jpg…6時すぎに目が覚めた。テント内の撮影などしてみる。風が強く、いつもは寝るときだけ着ているフリースを、今朝は漕ぎ始め時点でも脱げなかった。
e0075744_1142946.jpg朝飯はハチミツ入りオートミール&散歩中のおじさんから差し入れてもらったホットコーヒー。
たまたま仕事で今日は広島に来るというTA2くんとランチするため、昼前に松山港jから広島へ向けフェリーに乗ることにした。14:00ごろ広島宇品港に到着、平和記念公園で落ち合うことにする。


e0075744_0332157.jpgTA2くんを待ってる間、原爆ドームなどを見てまわる。16:00ごろTA2くんと落ち合い、パスタ屋さんへ。ちょっと早いが夕食にしよう。パスタやピザを頬張りながら久しぶりに談笑。19:00頃店をでるときに、手に持っていたハズのカメラが、無い・・・( ̄□ ̄;)
TA2くんと落ち合うときに平和公園のベンチに置き忘れたっ!
急いで戻るが・・・座っていたベンチにカメラがあるはずもなく、カップルがイチャついているだけ。警備室に行くと・・・アリマシタ!ヨカッタ~。やっぱり置きっ放しになってたそうだ。見つけてくれた警備員さん、アリガトー。
今日はインターネットカフェで一晩過ごしてみます。
[PR]
# by hardhead | 2005-10-20 11:42 | 自転車
高須賀 夕映え公園
e0075744_23121097.jpgというらしい、昨夜泊った公園は。7:30起床し、テントを出ると、遠くで管理人らしき人がトイレ掃除や芝刈りを始めていた。こっちも早めに撤収にとりかかってたら、向こうから管理人がやって来るのが見えた。険悪な雰囲気を察知し、こちらから「おはようございます!」と爽やかに出迎えるも効果なし。「ここはキャンプ禁止!直ぐに立ち去らな警察呼ぶよ!」とキビシク警告を受けた。歯磨きもせず、そそくさと退散~。おかげさんで早めに行動を開始することができましたばい。

9:15に出発してからしばらくして道の駅を発見。洗顔や朝食をすませR11を西へ。すぐ愛媛入りしたが、主に四国中央市の道、往生した~。自転車は原則として車道を走らんといかんとですが、ビュンビュン飛ばすダンプやトレーラーに曳き殺されそう。路側帯も無いも同然なんで、仕方なく歩道を往くが、「俺って今モーグルやってんだっけ!?」と勘違いしそうな、ラクダのコブのような歩道の高低。コイツに阻まれ、距離を稼げない。1/3以下にスピードが落ちる。何で車道よりあそこまで高くするんだろ…誰か知ってる?
e0075744_2315185.jpg歩道はわざわざ盛らんでも、こんなんでいいやん…と思うんやけど、どない?
…と、ブツクサいいながらも、四国中央・新居浜・西条を通過、R11とオサラバしR196へ。今治市に入り16:30頃に辿り着いた「星の浦海浜公園」が今夜のお宿に決定~。
e0075744_23345993.jpg
八十八ヶ所巡り中の初老の男性が先客でいたのでしばし会話をかわすが頼んでもないのに運勢占いを始めだした。「君はお母さんっ子やね?!」…(゛Д゛#)ハァ?(なんちゅー的外れ…)。ウザかったので適当にあしらい、宿泊の準備に取り掛かる。
e0075744_21414634.jpg晩ゴハンはオニオンスープとスパゲティ。明日は松山からフェリーで本州へ渡る予定。

[PR]
# by hardhead | 2005-10-19 21:41 | 自転車
気付いたら
高松にかれこれ5泊(!!)もしてしまっている。これ以上ズルズル長居すると、10月中に到着できない危険性も見えてきた。尻から生えた根を抜き取り、10:30に出発。目指すは「こんぴらふねふね~」の金比羅宮。海の神様を祀ってるらしい。
長い石段で有名だが、参道から本殿までだと785段だそうで、多くの参拝者はここまでで引き返していた。

e0075744_23381632.jpg本宮の横を抜け、更に石段を昇っていくと奥社へ辿り着く。ここ迄1368段を昇りきったご褒美は眼下に広がる景色。遠く瀬戸大橋も望めた。
高松から金比羅宮へ最短ルートのR32に乗らず、うっかりR11で坂出まで行ってから南下したために30~40分ロスしてるので、先を急ぐつもりが、うどん屋に吸い込まれる。釜揚げうどん\320ナリ。安っ!空腹を満たして再出発。
R377を観音寺・豊浜方面に行くには山ふたつ越えんといかんと聞き、気合いを入れる…越えた峠はひとつだけだったような…などと考えているうちに豊浜到着。夕陽が沈みだしたので、海岸添いに公園をみつけ野営。
汗かいてたので、水道の蛇口に頭を垂れ、洗髪。流し台の前でTシャツも脱ぎ、暗闇に紛れ網タオルで上半身と下肢をゴシゴシ洗う。着衣も手洗いし、さっぱりしたところで食事の準備。

e0075744_23391183.jpge0075744_232336.jpg今日は新兵器の登場。100金で手に入れた油よけと焼き網で、風防コンロの完成!これで鍋が引っ繰り返ることもなくなることを期待。

[PR]
# by hardhead | 2005-10-18 23:02 | 自転車
讃岐骨法
なるものが香川にあるようだから、四国に行く機会があれば尋ねてみたら?と少し前にある先輩から情報をいただいていたのを思い出し、高松に来る前にネットで探べてみたところ、整体でアトピーの治療をしているらしい。どんなものか少し興味があったので、電話で趣旨を伝え、治療を体験することができるか伺ってみたら、快くお返事を頂き、昨日(15日)の夕方に丸亀にある骨法院をお尋ねすることになった。
本業は「うちわ」の方だということだが、アトピーの患者さんの治療実績を写真で記録したものを拝見させて頂き、更に興味が沸く。いろいろお話を伺ったあとで実際に治療していただいた。
今は特に困っていることはないので、治療後に際立った効果を実感できなかったが、その技術には興味があり、勉強会などあれば参加したい旨を伝える。非常に気さくな方で、帰り際にはうちわまで頂いてしまった。
e0075744_10211696.jpg

帰ると、とし坊夫妻は挙式準備のため九州へ発ったあとだった。ビール飲んで気づいたら朝になってた…。電気&テレビ点けっぱなしで寝ちゃってたよ。とし坊、ゴメン。
[PR]
# by hardhead | 2005-10-16 07:36 | その他
徳島県の鳴門市
…へ出向く。大鳴門橋に取り付けられた海上45mの「渦の道」から歩いて鳴門の渦潮を観るためだ。渦潮は潮の満ち干き時に出現するそうで、16:30の満潮時に合わせて行くことにした。e0075744_22542471.jpg
まずは本場の讃岐うどん店でお昼にする。「ぶっかけ肉うどん+半熟卵天ぷら」を注文。コシがあってうまかった。腹拵えも済み、いざ、鳴門へ。
晩は高松でとし坊夫妻と食事するので&奥さんと一緒に晩ゴハンするので、高速バスを利用することにした。鳴門公園近くの鳴門北I.C.バス停で下車できると思いきや、大勘違い発生。降りれたバス停は鳴門I.C.北口。現場からはかなり遠いことが下車してから判明…(゜゜;。とりあえず20分ほどかけて最も近いバス停まで徒歩で行くが、時間が迫っている…。止むを得ず傍らの病院で待機しているタクシーに飛び乗り、なんとか「渦の道」に到着。

e0075744_9251942.jpge0075744_925476.jpg「渦の道」では床にはめ込まれたガラスから40m下の海面が見え、足が竦むよう。

e0075744_926129.jpge0075744_926893.jpg今回は残念ながら渦の全体を観ることはできなかったが、瀬戸内に流れ込む潮の流れの速さは圧巻。

帰りは市内バスとJRで金毘羅前駅まで行き、そこから駆け足で2km先にある鳴門I.C.北口バス停へ急ぐ。汗だくになりながらも、なんとか帰りの高速バスの時刻に間に合った。

e0075744_1330142.jpg
高松についてとし坊夫妻と合流。奥さんのY子ちゃんとは初対面だったんだけど、どうやら帰りのバスに同乗していたらしい。今日の鳴門行きを知っていた彼女は、私の風貌から気づいていたようやが、声かけられんかったようだ…やっぱり怪しすぎる??(^^;
[PR]
# by hardhead | 2005-10-14 22:54 | 自転車
満天の星空から
e0075744_1110440.jpge0075744_9233747.jpg一夜明け、快晴。テントを片付け9:30出発。

e0075744_11435537.jpge0075744_113879.jpg1時間強で道の駅"大坂城残石記念公園"に到着。姫路城でも思ったけど、あの時代にこの巨石を動かす技術があったっちゅーのはスゴイね、まったく。
ここのトイレで洗顔・洗髪・歯磨と済ませ、着ているシャツと帽子がちょっとsweetな匂いがしてきたので、この2点だけ簡単に水洗い。あと自転車のギアチェンジが最近スムースでなかったので、バッグをつけたまま変速機の調整にトライするが、これが手間取った。

時計をみるともう正午。お昼は土庄港付近でと思ってたが、カップヌードル(カレー味)を作成。その間に残量がなくなりつつあったカメラのバッテリーをしれっと道の駅のコンセントにつないで(ゴメン)、充電する計画に変更。お湯を沸かす準備してたら、同じように1泊2日で小豆島を自転車で廻ってきた和歌山の船員さんに会い、しばらくお話する。彼は南廻りで島を一周するとのこと。

e0075744_1231567.jpgこれ以上道の駅の主になってしまわないよう、そそくさと出発。土庄に向け海岸線沿いに西へ。
e0075744_11593096.jpg土庄では世界一狭い海峡という土渕海峡を渡り、役場で横断証明書を発行してもらった。しっかり護岸ににはフジツボらしきものが付着してるが、川かと思ったよ、最初は。

コインランドリーで衣服と靴を洗濯したのち、土庄港から高松港へ。



e0075744_12211457.jpge0075744_1221212.jpgフェリーから夕陽を望みながら高松港へ。17:30、初の四国上陸を果たす。今夜はとし坊くん宅にお世話になります。
[PR]
# by hardhead | 2005-10-13 23:23 | 自転車
国宝姫路城
e0075744_23433079.jpgに行ってきた。世界文化遺産でもあり、現存する天守閣としては最古だそうな。白鷺城とも呼ばれるその外観だけ眺めるつもりが、2時間も城内をうろついてしまった。内部はまさに「戦のための要塞」で、興味深かった。

e0075744_2348183.jpg同じく姫路でサングラス購入。京都で壊してから、走行中に虫が目に入ったりして難儀してたが、これで安心。そのあとは倉敷経由の高松行を予定してたが、姫路港から小豆島経由で高松へ向うことにし、出航間際のフェリーに飛び乗った。

e0075744_21373079.jpg
小豆島は、地図では「平地あるのこの島?!」って感じで、スカイラインが横断する中央部には800m超の山もある。…海に浮かぶ箱根だ、こりゃ。海岸線を廻って島の西部に行くことにする。約1時間半ほど船上て揺られ、17:00前に着岸。

e0075744_234983.jpg上陸後、峠越えを避けるべく、直ちに海岸線を北に進路をとる…ってオイ!、ずっと登りやんか!!恐るべし小豆島(゜_゜;)。先へ急ぐのを止め、瀬戸内の夕日を堪能しながら道路脇の展望台に寝床をつくる。
明日こそ風呂洗濯したい…。
[PR]
# by hardhead | 2005-10-12 21:37 | 自転車
秋雨前線のように
関西に停滞していたが、ふたたび西へ向け、昨夜お世話になったN先生のお宅を9:00頃出発。昨晩はステーキをご馳走になり、朝食までしっかり頂いたのに、昼のオニギリまで頂いた。
今日も走りだしたらすぐ本降り…。三宮駅近辺にあるアウトドア専門店で買物しようと思ってたのに、知らないうちに兵庫駅まで来てた。戻る気になれず。途中、郵便局で不用となった本や小物を実家へ送付。少しだけ身軽になる…

e0075744_0234874.jpg明石海峡大橋をのぞむ舞子公園で昼メシ。鳴門の大渦がみたかったので明石から淡路島経由で四国上陸を果たしたかったが、淡路島からのフェリーはない模様。姫路からフェリーを使い、小豆島経由で高松入りする計画に変更…

e0075744_031018.jpg明石市にてスポーツDEPO発見。アウトドア専門店で買いそびれたゴアテックス用の撥水スプレーやTシャツ、ガスカートリッジを入手、ラッキー。
加古川市に入り暗くなってきたので、スーパーで食材を仕入れ、橋の下で設営。
e0075744_053471.jpg加古川での晩メシは焼きオニギリ(原型止めていないが)&ミートボールと目玉焼き。ロコモコ丼(だったっけ?)のようなイメージで
[PR]
# by hardhead | 2005-10-12 00:23 | 自転車
JR福知山線列車脱線事故
の現場(尼崎市)に行ってきた。100名を超える死者と500名以上の負傷者をだしてしまったこの事故。今だに傷が癒えない方も多いことだろう。経営上・業務上の効率性を追求するあまり、安全性・信頼性の方が疎かになる中で事故に至るという、まさに最悪のケースを辿ってしまった。スポーツ現場での安全性の確保を仕事としていた人間として、最初に報道を耳にしたときから決して他人事ではないように感じ、関連の報道は気になっていた。

今回、尼崎を通過することから、犠牲者の方々を追悼したいという気持ちから事故現場に赴くことにした。現場には献花所があり、そこでお焼香をあげれるようになっていた。何故か報道各社が集まり撮影など行なっていたその横でお焼香させて頂いたが、マンションの生々しさや被害に遭った方々の無念さを思うと、関係者ではないがやはりその場にいるのはつらいものだった。周知のとおり運航は再開されており、多くの人がなくなったその現場を、事故と同じ型の列車が何事もなかったかのように通過するのを複雑な気持ちで見ながらその場を後にした。
被害に遭われた関係者の方々には心からお悔やみてお見舞いを申し上げます。
[PR]
# by hardhead | 2005-10-10 23:57 | 自転車