やわらか頭してますか?

by hardhead
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31


小倉で
e0075744_2341323.jpgお世話になったoyabin一家にしばしの別れを告げ、R322秋月街道を南下。マックでコーヒーを飲みながらブログを更新し、11時前に再び出発。
e0075744_2339235.jpg目指すは平尾台。日本有数のカルスト台地に向けR28に入るが、いきなりの山道。えっちらおっちら吹上峠を昇って行く。汗だくになりながらも12時過ぎに平尾台入口に到着、とりあえず山をバックに記念撮影。背景にした山に目を移したら、上の方に人影が見えた。

e0075744_23431875.jpgならば、と自転車を木に括り付け、この太平山をてくてく登る。山の周辺には剥き出しの岩が点在しており、おそらくはその外観から、この一帯は「羊群原」と呼ばれているようだ。
e0075744_2341583.jpg山頂(586.6m)からの景色は格別ですな。北九州の街も眼下に望めた。


e0075744_23453868.jpg山を下りてから、このあたりに散在する鍾乳洞に行ってみることにした。天然記念物に指定されている千仏鍾乳洞ではなく、敢えて途中出くわした牡鹿洞に入洞する。入口は30mの垂直洞で、日本でも珍しいらしい。洞内を流れる湧き水など、それなりに見所もあるが、あまりに照明や階段、案内板など、あまりに人の手が加えられていて、その点は少し興醒めだった。

鍾乳洞を後にしてR28を下る。ときに60km/hぐらいまでスピードが出るダウンヒルは爽快だ。風を受けやや肌寒いが、登りのキツさが報われる。峠を下りきったところでR64に出会う。左手に行橋市街を望めるが、飯塚方面へ向け右に進路をとる。

15時半すぎに味見峠を越えたあたりで空腹に堪え切れず、地元の食料品店でパンなどを調達。そういえば今日は山ステージを走った割に、まだまともな昼飯を食べてなかった。店の前でチップスやオニギリを貪り食う。

16時過ぎに田川で朽ち果てたパチンコ店を発見。こちらの身も朽ち果てそうだったので、ここにテントを張らしてもらうことにした。20時過ぎまで爆睡し、のそのそ起き上がりテントから這い出す。お手洗いやカメラの充電も兼ね、道路向かいの一品定食屋で晩メシ。明日はとりあえず第一ステージ(?!)のゴール大野城を目指す…
[PR]
by hardhead | 2005-10-25 22:48 | 自転車
<< とりあえずゴール きらら浜の朝日 >>